2008年11月27日

ベビー手話いつ頃までが対象?

今日、実践講座受講中のママから、こんな質問がありました。

ASLだけ考えれば、ずっとやっていける物ですよね。
「ベビー手話」となると、果たしてどうでしょう???

私の個人的見解からの回答になってしまいますが、言葉以外で外部とコミュニケーションを必要とする乳幼児が対象ではないかな、と思います。
実際、言葉がわかりだしてからの方が、必要かも・・・と自分の子育て経験から感じています。
モチロン!その前にコミュニケーションツールとして使っていただければ更に良いのですが、言葉を話し始めたばかりの子は「言葉」というツールを得たけれども、すんなりとは通じない、または、気持ちだけ先行して、発話がついていかない事が多く、イライラがつのります。そんな時に、「ベビー手話」によってそのイライラが解消できる!
幼稚園生でもそうです。この子たちも、言葉で伝えきれない部分が多いですよね。
実際に多くのママが「ベビー手話」による育児のストレスの軽減を経験していらっしゃいます。

そして、将来子供たちが「ベビー手話」をきっかけに、「ASL」が言語であり、我々が話す「日本語」と同じコミュニケーションツールである事を認識しながら、使い続けて行ってくれると良いな、と思っています。
posted by Mymy at 23:42| Comment(0) | ベビー手話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。